外付けhddが認識しないトラブル【精密機械の救急センター】

男性

HDDの復旧

HDD

まずは状況を確認

パソコンのハードディスクには、内蔵型と外付け型の二種類があります。このうち内蔵型のハードディスクとは、OSがインストールされているため、ここに何らかの障害があって認識できなくなると、OSそのものが立ち上がらなくなります。そのため、パソコンの電源を入れてもOS画面にまで行き着かないような場合、ハードディスクが故障している可能性がありますが、原因の特定にはBIOSの管理画面を呼び出し、ハードディスクを認識しているかどうかを確認する必要があります。認識しない場合は、修復のため業者に修理を依頼することになりますが、基本的にはディスクの修復ではなく、交換という方法となります。業者によっては有料で中のデータを復旧してくれるサービスもあるため、一度問い合わせをしてみるのがいいでしょう。

SSDという選択

ハードディスクが故障してしまった場合、絶対にやってはいけないことがあります。それは、「衝撃を加えること」です。昔から、物が壊れた際には「叩けば治る」という考え方が浸透していますし、実際叩くことで家電の故障が治ったという方もいるでしょう。しかし、精密機械であり衝撃に弱いハードディスクは、叩くことでデータの破損など重大なトラブルを引き起こしてしまいます。テレビなどの家電が何故叩くことで治るかというと、内部の配線が接触不良を起こすことが少なくないからです。しかしハードディスクの場合そういった原因での故障は少ないため、叩くことはまず修復に繋がりません。一刻も早く重要なデータをレスキューするためには、プロに修復してもらうまで触らないようにしましょう。