外付けhddが認識しないトラブル【精密機械の救急センター】

男性

ITビジネスを行なう

ハードディスク

IT業界に新しい需要

ITとして家庭にパソコンが普及し始めて約20年が経過しました。新しい技術が次々と生まれる代わりに、莫大になったデータ量と古くなっていく機材が増えています。古くなり、hddが破損してしまうので、データの修復が新しい需要となっています。hddのデータ消去やフォーマットなど「論理障害」とよばれるトラブルなら、フリーソフトや市販のソフトで修復が可能です。しかし、衝撃や水没、hddの破損など「物理障害」のトラブルには専門のサービスを受けることが必要です。ですので、この様なサービスの需要が増え、だんだん値段が手ごろになっていくことでしょう。また、今後も修復技術も進化し、復旧スピードも速くなると予想されます。

サービスの魅力

hddを修復する前に、故障原因と修復可能かどうか診断する必要があります。大体の会社では、この初期診断費用や分解作業費用は無料で行われるようです。この初期診断である程度の見積もりが完成し、診断結果を依頼者に報告します。この後正式な依頼をしなければ料金は発生しません。逆に、依頼者から修復の依頼を正式に受けると、修理に取り掛かります。最後に、必要なデータがきちんと復旧できているかを依頼者が確認し、納得して初めて成功報酬として会社側に料金が支払われるようです。復旧に失敗してしまうと、依頼者は料金を払わずそのまま返送という形になります。このように、「hddの修復」を最終目標として技術者の皆さんが働き、成功の対価として料金が支払われるという依頼者が100%納得するサービスになっています。